【アウシュビッツ・ビルケナウ強制収容所】歴史を知らない者は、歴史を繰り返す。【ポーランド】

アウシュビッツへ

 

前日のうちに電車でクラクフに移動。

早朝7時30分、ツアーの集合場所である、マテイキ広場へ向かいます。

 

 

珍しくツアーを使ったのは、これだけはちゃんと正しい情報を、日本語で聞きたかったから。

しかし、有名な唯一の日本人ガイドの方は、長いサマーバケーションの時期でした。

さすがヨーロッパです。

 

アウシュビッツ強制収容所

 

バスで1時間ほどで、到着です。

 

 

早朝から、すごい人!

 

 

逆光で、よく見えません。笑

有名な、アウシュビッツ強制収容所への入り口です。

 

 

ワルシャワ大学には日本語学科があるみたいで、それでたまに日本語ペラペラのPolishの方にお会いします。

マグダさんも大学で勉強されていたそうで、流暢な日本語でひとつひとつ丁寧に説明して下さいました。

 

 

歴史を知らない者は、歴史を繰り返す。

この言葉はとても印象的です。

 

 

1940年6月からの5年間、アクセスの良さからこの場所にヨーロッパ中から集められた人々は、130万人とも言われています。そのうちの、110万人はユダヤ人。しかし実際にガス室に送られた人々の記録は全く残っておらず、わからないそうです。

 

 

”アウシュビッツ”というのはドイツ語で戦後はもとのポーランドの地名に戻ったため、現在は博物館だけがその名で呼ばれています。

入口には”働けば自由になる”という意味の言葉が掲げられていて、広場では音楽隊がより囚人がスムーズに早く歩けるように行進曲を演奏していたと言います。

 

 

殺人に使われた、ガスの空き缶。

 

 

この靴一足一足が、失われた命を意味しています。

 

 

例えば、誰かが逃げようとすればその本人だけでなく、10人の人をこの絞首台で見せしめにしたと言います。

 

 

 

ガス室。書いてるだけでも、怖くなってきちゃった。

 

多くのガス室や火葬場は、証拠隠滅のためにこんな風に、壊されたようです。

壊し方もだいぶ雑だけどね。

 

 

このひとつの建物に、700人、多くて1000人の人々が生活、いや、監禁されていたのだとか。

 

The following two tabs change content below.
atsumi

atsumi

歯科衛生士 Dental Hygienist from 名古屋 JAPAN♡特定非営利活動法人ATWORLD 代表理事 ホームページご覧くださいませ♡2017年4月〜マルタ共和国留学&ヨーロッパ18ヶ国より無事帰国♡留学記録ぼちぼち更新中♡近況やお問い合わせ→instagramよりお気軽にドウゾ♡